当社は、積極的に下記の心と体の健康づくりに取り組み、従業員および地域住民の健康増進を図る企業を目指すことを宣言します。

社員は当社の貴重な人財

従業員全員が健診を受診しやすい環境に努め、従業員の健康管理に注意を払います。
健診後、要治療または要精密検査などの判定が出た従業員に早急な受診を働きかけます。

 

社員全体の健康意識の醸成

健康づくりの推進担当者を設置し、社内での健康への意識の醸成に努めます。

 

健康に関する情報発信

健診結果などから従業員全体の健康状態(健康課題)を確認し、企業として取り組む目標を設定し、その目標達成に向けた従業員への必要な情報提供や取組状況などの発信に努めます。

 

会社一丸で健康づくりを推進

健診結果に基づき、特定保健指導の対象となった者は必ず利用できる環境に努め、会社一丸で生活習慣の改善を推進します。
併せて健康増進イベント等にも積極的に取り組み、更なる健康増進に努めます。

 

健康づくりは将来への投資

従業員の健康は、本人やその家族だけでなく、企業の貴重な財産であることを意識し、健康づくりを通じて、職場環境の整備や改善を図り、活性化により一層努めます。
従業員が安心して働けるよう、その家族の健康のことも考え、家族も健診を受診するよう働きかけます。

 

治療と仕事の両立支援

万が一、従業員に疾病等が発生した場合は弊社加入の三大疾病保険を通じ仕事と治療の両立を支援します。
併せて治療期間中でも従業員が働きやすい環境づくりを、また休職を余儀なくされる場合は円滑な休職、復職に向けたサポートを実施します。

 

2022年1月19日
株式会社 三谷製作所
三谷 晋一郎

 

「健康経営優良法人2022」に認定されました

株式会社三谷製作所「健康経営優良法人2022」認定証
この度、株式会社三谷製作所は、経済産業省と日本健康会議が共同で実施する健康経営優良法人認定制度において、「健康経営優良法人2022(中小規模法人部門)」に認定されました。

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実線している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

第6回となる今回、「大規模法人部門」に2,299法人(上位法人には「ホワイト500」の冠を付加、「中小規模法人部門」に12,555法人(上位法人には「ブライト500」の冠を付加)が認定されました。

株式会社三谷製作所は、これからも様々な取り組みを通じ、社員一人ひとりがココロもカラダも健康で、充実した日々を送れるよう、社員の健康維持・増進を積極的に支援してまいります。

TOP
TOP